傅ジロー

ワンピース973話ネタバレ確定!狂死郎の正体は傅ジローで小紫も丑三つ小僧も判明

2020年3月9日発売の、週刊少年ジャンプ最新話ネタバレ!

『ワンピース』973話が確定しましたのでお届けします!!

 

光月おでんが死に、モモの助たちを守るため、九里のおでん城へ向かう赤鞘九人男たち。

しかし、9人全員がおでん城へたどり着いていないことは判明しています。

 

赤鞘九人男はどのようにしてバラバラになっていくのでしょうか?

それでは『ワンピース』973話の最新話ネタバレ確定、ぜひ読んでみてください。

 

ワンピース973最新話ネタバレ確定!狂死郎の正体はやはり傳ジローだった!

 

『ワンピース』973話は公開処刑場からの赤鞘九人男の逃走ではなく、光月一家の温かい団らんの回想から始まっていました。

 

ロジャー海賊団は空島名物・たこバルーンで地上へ帰還

おでんに高い高~い!されて、きゃっきゃと喜ぶモモの助。

よせ、高すぎるだろう、おでん!

レイリーがツッコみます。

 

それもそのはず、ここは空島からの帰還、空島名物・たこバルーンで落下中です。

ルフィたちもコニス親子の協力でこのたこバルーンで帰還しましたね。

 

こんな高い空から見ても、世界は見渡せない。

それが世界。

ワノ国にはない景色をモモの助、日和の目に焼き付けてほしいというおでんの気持ちが込められていました。

 

ゾウへ向かえ、その時が来たら

ワノ国へ帰国後、ネコマムシからゾウへは寄れたかと聞かれるおでん。

ゾウと光月家は密接な関係で結ばれいたこと、ミンク族はとても強力な兵士であることを話したうえ、家臣たちに時が来たら、ゾウヘ向かうことを心に留めて置くよう加えます。

時が来たらとは?の「時」を不思議がる錦えもんたちがいました。

 

おでん一家の団らん

三味線の練習をしている日和に、その音色が好きだと言うおでん。

その言葉に日和はもっとよく練習すると喜びます。

しかし、その奏はおれの葬式でかけてもらいたいものだと余計なひと言を…。

 

大泣きする日和。

日和が泣くのを見てモモの助を怒るおでんですが、父上のせいだと言われ、急いであれは冗談だとなぐさめるおでん。

それをトキが優しい笑顔で見守っていました。

 

赤鞘九人男に迫る追手

場面は処刑場から逃亡した赤鞘九人男たちに移ります。

光月の血を絶やせ、ひとり残らず侍を殺せ!

 

追ってくる数々の敵を斬り込んで、先へ進む錦えもんと菊の丞。

錦えもんは武器を取り戻しておいてくれたしのぶに礼を言います。

おでん城に残るトキ、モモの助、日和を守るため、必死に戦いながら先へ進む赤鞘九人男としのぶ。

 

イヌアラシとネコマムシの仲違いの原因がついに判明

赤鞘九人男がそれぞれ戦いながら走る中、イヌアラシがおでんが死んだのはネコマムシのせいだと責めはじめ、口論が始まります。

釜茹での刑で一時間我慢できれば開放されるという条件に、オロチがへ理屈のような条件変更を出したことで怒ったネコマムシ。

その時、イヌアラシは敵を刺激してしまうとネコマムシを止めていました。

 

こんな時に口論を始めてしまったイヌアラシとネコマムシに怒る雷ぞうでしたが、2人は敵陣に捕まってしまいます。

助けたいのはもちろん、しかし今はおでん城へ誰かひとりでもたどり着かなければいけない状態。

アシュラ童子と傳ジローが残り、錦えもんたちは歯を食いしばり、振り向かず先へ進みます。

 

モモの助、カイドウに捕まる

その頃、燃え盛る城の中でもトキ、モモの助、日和はまだ命がありました。

しかし、その城にはカイドウが自ら来ていたのです。

 

モモの助の首を掴み、城の瓦屋根から落とそうとするカイドウ。

おまえが死ねば、光月家は終わり。

 

カイドウの言葉にモモの助は恐怖で蒼白、さらに涙でぐちゃぐちゃです。

 

父上は偉大で…自分は次期…この国を治める…。

母トキの言葉を思いだしたモモの助は、必死に言葉を出します。

その言葉にモモの助の首を余計に強く締めるカイドウ。

 

父上ー!

モモの助が大泣きながら叫ぶと、カイドウは呆れたのか、モモの助を座敷へ吹き飛ばします。

そして、家族全員で城で燃えて死ねと言い残し、龍の姿で戻っていくのでした。

 

錦えもん、20年後の未来へ飛ぶ

ほどなくして錦えもんたちが城へたどり着き、トキたち親子が無事であることに安堵します。

話があるので近くに集まるように言うトキ。

描写はされていませんが、既に錦えもんが言ったトキトキの能力で未来へ飛ばす話ですね。

 

トキの話に未来へ!と錦えもんが覚悟を決めます。

そして、モモの助を含む5人は20後の未来へ飛ばされたのでした。

 

日和は河松が救出

侍たちを城から出すな!

カイドウの手下がたどり着いた錦えもんたちを城から出さないよう扉を閉め始めます。

 

その時、城の上方から下に落ちていく影がありました。

日和を抱き、城の水掘りへ飛び込んだ河松はすごいスピードで泳いでいきます。

 

トキには800年前からの使命があった!?

無理やり扉を破り、一頭の馬が走り出てきます。

乗っていたのはトキ。

トキは馬にしがみつき、おでんとの会話を回想していました。

 

トキは800年前から未来へ未来へと飛んで来た理由。

世界がひっくり返ったその日。

 

あと20年だけ未来にジャンプすれば、トキの希望が…。

トキがとっさにおでんの口を塞ぎます。

晩ごはん抜きね!と怒るトキ。

いったい、どんな内容が先に続いたのでしょう…。

 

トキの予言と最期

燃え続けるおでん城を見て、絶望を感じる民衆たち。

その時、高い石段の上にトキが突然現れました。

多くの人々の前で、トキは右手を高くあげ、叫ぶように声を絞りだします。

 

”月は夜明けを知らぬ君、叶わばその一念は、二十年を編む月夜に九つの影を落とし、まばゆき夜明けを知る君と成る”

 

トキの言葉に息を飲む民衆たち。

しかし、カイドウのひとりがトキに銃の引き金を引くのでした。

銃声とともに倒れるトキ。

 

オロチはトキの予言にビビりまくる

ガタガタ、ガチガチ

トキの言葉に、オロチは恐怖で怯えまくっていました。

そして、侍がみんな死んだか調べろ!と命令を出します。

 

ある廃屋の前で傷だらけになっていたアシュラ童子も、トキの言葉を聞いていました。

20年後…?、錦えもんたちが生きてる…?

 

一方、河松は日和を連れて逃げ切ったものの、泣いてやまない日和をカッパ踊りであやしていました。

 

狂死郎の正体はやはり傅ジローだった

別の廃屋の中では、傅ジローは怒りの形相で苦しんでいました。

べん!!

突然、傅ジローの顔が変化(へんげ)します。

傅ジローの怒りは、人の形相を変えてしまうほど深いものでした。

 

しばらくして、傅ジローは花の町へおりてきます。

町の荒くれ者にケンカを吹っかけられ、簡単に倒す傅ジロー。

そこで自分のことを狂死郎と名乗るのでした。

 

狂死郎、オロチに偽りの忠誠を誓う

狂死郎一家か、評判は聞いておる、おれを守ってくれるか?

オロチに呼ばれた狂死郎は、オロチに金、女、兵士、希望するものは全て与えられると忠誠を誓います。

しかし、オロチの前で頭を下げる狂死郎の表情は怒りに満ちていました。

 

丑三つ小僧の正体は狂死郎

狂死郎は、花のヒョウ五郎に次ぐものと言われながら、裏の世界での権力を広げていきます。

同時に騒がれだす丑三つ小僧の存在。

裕福な家の蔵から金を盗み、屋根を飛び寝ていく影。

その素顔は狂死郎でした。

 

小紫の正体も日和と判明

日和が突然姿を消し、焦りまくる河松。

同じころ、町の女が店の前に身なしごのような女の子がいたと、狂死郎のもとへ相談にきていました。

 

その女の子を見て狂死郎は驚愕、なんと日和だったのです。

日和もすっかり顔が変わってしまった傅ジローに驚いていました。

 

怒りという妖怪に取り憑かれたでは、錦えもんたちですら気づきまい、しかし反対に好都合と言う傅ジロー。

そして、このことはいつかくる決戦のその瞬間までたとえ身内でも他言無用、河松に代わり今日から傅ジローが日和を守ると言い、日和に今日から小紫と名乗るよう言うのでした。

 

ワンピース973最新話ネタバレ確定!感想考察

ここでは、ワンピース973話の感想と伏線をもとに今後の展開を考察していきます。

 

ゾロ VS 狂死郎はなくなった?

狂死郎の正体が傅ジローと判明しましたね。

康イエの処刑時、オロチへのゾロの攻撃を片手でいとも簡単に止めた狂死郎。

このまま本当にオロチの部下のままなのであれば、ゾロの相手は狂死郎という可能性が高かったのですが、ギリギリのところで狂死郎は正体を明かし味方の線が強くなりますね。

 

しかし、狂死郎は今回、鬼ヶ島の宴へは行かず都での留守番。

これも狂死郎の策なのでしょうか…。

決戦日、都でも何かが起きそうな気もします。

 

小紫が日和に戻ったタイミングに意味は?

小紫の正体も日和だと判明しましたが、なぜ決戦後ではなかったのでしょうか?

オロチに立てついたとして、狂死郎が小紫を斬り、日和に戻した形です。

 

うまく隠れていたのに、オロチに日和生存の情報が流れてしまっているので危険な状態とも言えます。

このタイミングにはなにか意図的なものが隠れているのでしょうか?

 

ワンピース973最新話ネタバレ確定!:まとめ

 

狂死郎、小紫、丑三つ小僧の正体が明らかになるなど、盛りだくさんの内容だった『ワンピース』973話。

なかなか現代に戻らない回想編。

 

そろそろ戻るかと思いきや、ずっと謎めいていた狂死郎の正体が発覚。

ここで、もう少し狂死郎に関して突っ込んだストーリーが展開されるかもしれませんね。

 

次話『ワンピース』974話を楽しみに待ってみましょう。