サンジ

サンジ名言まとめ!料理への誇りと恩師ゼフとの呼応がかっこいいイケメンぐる眉

麦わら一味の活力の源、一流料理人サンジ。

恩師ゼフに鍛え上げられたサンジの料理への思い入れは当然のごとく熱く、名言をたくさん残しています。

今回はそのサンジの料理に対しての名言を紹介していきます。

 

サンジの料理に関する名言まとめ!

 

それでは早速サンジの熱い料理への名言を紹介していきます!

 

サンジ名言まとめ:敵は「味」で打ち負かす

ホールケーキアイランド編の名言です。

癇癪を起したビッグ・マムを抑え込むためサンジ、プリン、シフォンが協力して死ぬほど美味しいケーキを作り上げます。

しかしビッグ・マムの暗殺を目論んでいるベッジは確実に仕留めようとケーキに毒を仕込むことを提案。

それには当然サンジは激怒。

 

一流の料理人は毒など卑劣なやり方でなく、死ぬほど美味しいケーキ、つまり「味」で勝負を賭けたいと言います。

サンジだから言えることです。

見事、ビック・マックが昇天するほどの美味しいウエディングケーキを作り上げました。

 

サンジ名言まとめ:お前の罪は3つある

ウォーターセブン編で海列車「パッフィングトム」の給仕長として乗車していたワンゼに言った言葉です。

エニエスロビーに連行されたロビンを追いかけて海列車に乗りこんだサンジ。

海列車の中は政府の敵ばかり、当然ワンゼもCP7の一人としてサンジ立ちはだかります。

 

 

ワンゼはラーメン拳法を奥義としますが、料理を無駄にするその技をサンジは料理人として許せませんでした

料理人なのに食べ物を粗末にしながら戦うワンぜに加え、さらにロビンのことまで侮辱をされたサンジの怒りは頂点に。

その時サンジがワンぜに向けて言った名言です。

お前の罪は3つある

  • ひとつ、おれの前で”料理人”を名乗ったこと
  • ふたつ、食い物を粗末にしたこと
  • みっつ、おれ達の仲間を侮辱したこと

サンジには一流料理人としてのプライドと誇りがあります 。

相手が誰であろうと料理を粗末にする場面を見たらとても怒るサンジ。

それが今回はその相手が料理人だけあって一層サンジの怒りは高くなったのでしょう?

 

サンジ名言まとめ:皮むきでさえ愛情を欠いてはどんな料理も不味くなる

そのワンゼと戦った時に、サンジはもう一つ名言を残しています。

食べ物を武器として扱うワンゼの戦闘方法に、サンジは料理人として失格だ、皮むき作業でも愛情を欠かすなと言い放ちました 。

サンジの料理に対する愛情。

どんなに細かい作業でも力を抜かず愛情を込めて料理するからサンジの料理は超一流の味が完成されるのですね。

 

サンジ名言まとめ:食いたい奴には食わせてやる!

まだサンジ海上レストラン「バラティエ」にいた頃、ちょうどルフィがサンジを麦わら海賊団のコックとして勧誘しようとしていた時の出来事です。

当時、サンジはバラティエの副料理長でした。

極限の空腹状態で現れたギンという男。

何か食べさせてほしいと懇願しますが、所持金がないギンは追い出されてしまいます。

 

しかし、それを見ていたサンジは何も言わず料理を作り始め、ギンに食べさせてあげます。

ゼフもサンジのその様子に気づいていましたが、特に何も言うことはありません。

嗚咽交じりの涙を流しながらサンジの料理を夢中に食べるギン。

 

 

サンジとゼフは過去、漂流経験があり2人とも空腹の辛さはよく知っています。

その経験も影響しているのでしょうか?

ギンは海賊です。

お金を持っていなかろうが、海賊だろうが、腹を空かせた奴には食べさせてやると言う信念をサンジもゼフも持っているのです。

 

サンジ名言まとめ:包丁は料理人の魂

空腹のギンに料理を食べさせてあげた後、ギンが所属するクリーク海賊団が突如バラティエを襲撃してきます。

バラティエのコック、パティとカルネが先陣を切って戦いますがクリーク海賊団第2部隊隊長「鉄壁のパール」にやられてしまいます。

 

 

パティから包丁を奪おうとするクリーク海賊団クルーのひとり。

しかし、パティは何が何でも話そうとしません。

そこにサンジが現れ、パティの包丁を奪おうとした男を一蹴!

 

そこで、包丁は料理人の魂の名言!

サンジもバラティエのコックたちもゼフの教育精神がしっかり受け継がれていることがわかる場面ですね。

 

サンジ名言:まとめ

いかがでしたか?

サンジの料理に対する名言を紹介してきました。

どんな素材でも魔法のように美味しい料理に変身させてしまうサンジ。

たとえ相手が誰でも分け隔てなく料理を提供する信念は、とても素敵でかっこいいですね。

次は料理でなく、サンジの女性に対する名言も紹介予定です!

ぜひ楽しみにしてください。