シャンクス

シャンクスが悪魔の実を食べたのではく愛刀グリフォンが?双子説との関係は?

『ワンピース』がワノ国編に入るとともに何かと四皇が取りざたされるようになりました。

当然、四皇のひとりシャンクスもと思うところですが、シャンクスに関しては第1話から登場し、重要人物度が日に増して高くなっているにも関わらず、謎が多いままです。

 

謎が多い分、シャンクスには悪魔の実の能力者説、双子説、天竜人説、そして愛刀グリフォンに悪魔の実を食べさせたのではないかなど、多くの憶測が飛び交っているのが現状。

真意はどこにあるのでしょうか?

本記事ではそのシャンクスの悪魔の実の能力説、愛刀グリフォンに悪魔の実を食べさせた説。

 

この部分を焦点に考察していきたいと思います。

ぜひご覧ください。

 

シャンクスは悪魔の実の能力者説は確証できる?

 

四皇・百獣のカイドウ、ビッグ・マム、黒ひげティーチ。

現在のところ、シャンクス以外の四皇は、皆悪魔の実の能力者あることは判明しています。

 

同じ四皇でと世界に君臨するシャンクスも悪魔の実の能力者と当然思われがちですね。

しかし、これまでひシャンクスが悪魔の実の能力者でそのシーンが描かれたことはありません。

実際はどうなのでしょうか?

 

シャンクスはなぜ瞬間移動ができる?

シャンクスが登場するときは、とにかく突然現れ驚かされることが多いですね。

それがひときわ目立ちやっぱり悪魔の実の能力者!?と盛り上がったのが、かの頂上戦争の時。

 

遠方で昨日までカイドウと小競り合いをしていたのに、突然マリンフォードに現れ、赤犬の攻撃からコビーを守った出来事。

さらにシャンクスはマリージョアに突然出現し、五老星に会いに行っています。

 

 

世界会議(レヴェリー)は、各国の要人が集まることで当然厳重体制。

 

ハエの一匹すら通さないような警備の中、一体シャンクスはどのようにして侵入したのでしょうか?

シャンクスは一体どのような方法で潜入したのでしょうか?

 

 

やはり、瞬間移動系の悪魔の実の能力者なのでしょうか?

 

シャンクスはどんな悪魔の実の能力者?

いつも、必ずいきなり現れる。

そんな瞬間移動しているシャンクスにやっぱり悪魔の実の能力だった!?と世間がざわつくのも無理はありません。

 

ロジャー海賊団で見習いをしていたころ、海で溺れたバギーを助けた時、そして第1話で海獣からルフィを救ったときも、シャンクスは泳げていたので、その時までは非能力者であったことは確実ですね。

仮に、その後にシャンクスが悪魔の実を食べたとしたら一体なんの実なのでしょうか?

 

シャンクスの行動からやはり超高速で移動ができるトリトリの実、もしくは時空を先へ飛ばせるトキトキの実が考えられますね。

トキトキの実の前の能力者天月トキはおでん死亡の時に、城に残り20年前に死んだことになっていますので、この世に新しく再生されていたもおかしくはありません。

トリトリの実に関しては亜種が存在し、アラバスタ編でハヤブサのペルが世界で5種しか確認されていないと言っています。

 

その5種は『ワンピース』本編でなく、VIVRE CARD(ビブルカード)や公式イベントなどを含むと確定してしまっていると思われる部分もあるのですが、疑問も残ります。

5種しか確認されていないは、5種しか存在しない、または5種のみ存在するといった「確定」の意味は持たないので、5種以上存在するという考え方もできますね。

まだ、確認されていない亜種が存在するのかもしれません。

このように考えると、シャンクスはトキトキの実も、トリトリの実もどちらの能力を持っていてもおかしくないことになります。

 

シャンクスは悪魔の実を愛刀のグリフォンを食べさせた説

 

シャンクスが悪魔の実の能力者で、それな何の実なのか盛り上がる中、実は愛刀グリフォンが悪魔の実を食べたのではないかという説も浮上してきました。

それはいったいどういうことなのでしょうか?

 

 

『ワンピース』第87巻のSBSでシャンクスの持つ愛刀がの名が「グリフォン」と判明しました。

 

グリフォンとは空想上の生物で上半身が鷲、下半身がライオンの姿。

このことがシャンクスに「トリトリの実」というワードがついてまわる理由でもあります。

シャンクスは自分自身でなく、グリフォンに悪魔の実を食べさせたのでしょうか?

 

シャンクスが悪魔の実をグリフォンに食べさせた可能性:天才科学者Dr.ベガパンクの発明が関係?

海軍の天才科学者Dr.ベガパンクは、ゾオン(動物)系悪魔の実の血統因子を操作することで、物に悪魔の実を食べさせるという技術を発明しました。

『ワンピース』ではイヌイヌの実を食べた銃”犬銃ラッスー”、ゾウゾウの実を食べた”象剣ファンクフリード”、サラサラの実を食べたゲル状ガス”スマイリー”が過去実際に登場しています。

そして伝説上の生物と言われるグリフォン。

 

ホールケーキアイランド編でビッグ・マムの19男モンドールの能力で作られた図書館に捕まっていた描写があります。

つまり『ワンピース』の世界では、グリフォンは実在する生物と扱われてることになりますね。

このことから、シャンクスが愛刀グリフォンに悪魔の実を食べさせることは出来ると解釈できます。

 

しかし、これには疑問な点も残ります。

この発明は海軍側の人物であるDr.ベガパンクの技術。

つまり、この技術の恩恵を受けることができるのは、政府や海軍側の人間ということになります。

 

シャンクスは当然、海賊。

普通なら手に入れることが出来ない技術ですが、シャンクスには双子説に天竜人説もあります。

仮に、本当にシャンクスが政府側の人間だとしたら、この技術は使えるということになってしまいますね。

 

シャンクスが悪魔の実をグリフォンに食べさせた可能性:編笠村のたぬきに疑問視!?

政府もしくは海軍に近い人間でなければ、使うことができない技術。

しかしこの考察がワノ国編に入り、陰が見えてきてしまいました。

それは、編笠村の天狗山飛徹の家に一緒に住んでいる”ぶんぶく君”の登場。

ぶんぶく君はイヌイヌの実・モデル”たぬき”を食べた茶釜です。

そして、飛徹は名刀鬼徹を作り上げてきた名鍛冶職人の子孫のうえ、光月おでんが子供たちに託した名刀「閻魔」と「天羽々斬」を守り続けてきた人物でもあります。

このことから飛徹が海軍側の人間だとは到底思えません。

スマイリーは人口悪魔の実「スマイル」同様、シーザーが血統因子の操作を応用し作られたものと考えることはできます。

 

今はもう作られなくなった人工悪魔の実「スマイル」

まだその製造が活発だったころ、何らかの方法でワノ国に技術が流れ、もとはカイドウ側のペットだったぶんぶく君が偶然飛徹に拾われたという考えもできますね。

 

シャンクスと悪魔の実に関してネットの反応は?

 

シャンクスが能力者説で世間がザワついたときの声を集めてみました。

 

 

 

 

 

シャンクスは悪魔の実の能力者なのか、グリフォンに食べさせたのかのまとめ

 

四皇シャンクスは悪魔の実の能力者なのか、それとも愛刀グリフォンに食べさせたのかを考察してきました。

カイドウ、ビッグ・マム、黒ひげ。

四皇たちの懸賞金も判明し、それぞれが目立った登場を初めています。

 

『ワンピース』も核心に入り、いずれ明かされるであろうシャンクスの秘密。

どんなことが明らかになるのか期待して待ちたいと思います。