シャンクス

シャンクスの左目にある傷は黒ひげにいつ付けられた?ティーチとの因縁とは

シャンクスと言えば、ルフィを海賊の道へと導いたワンピースの物語の始まりにおいて、大きな影響をもたらした人物です。

彼は現在、四皇の一角という立場にあり、名実ともに大海賊です。

そんなシャンクスの左目には大きな裂傷があります。

これは、黒ひげに付けられたものですが、四皇で実力も申し分ないシャンクスがなぜ、そしていつ傷を付けられてしまったのでしょうか。

今回は、黒ひげとシャンクスの関係を含めて見ていきましょう!

 

シャンクスの左目にある傷はいつできた?

シャンクスが傷を付けられた時の具体的なエピソードは、作中には登場していません。

シャンクスの傷は、ワンピースに登場した第1巻の頃から既に刻まれていました。

ルフィの幼少期にフーシャ村を拠点にしていたシャンクスの顔に傷が既にあったので、少なくとも10年前以上に付けられたものだと考えられます。

また、シャンクスの赤髪海賊団の海賊旗には、三本の切り傷のあるドクロマークを使っています。

つまり、ロジャー海賊団から独立して、自分の海賊団の結成する以前に傷は付けられたと考えてよさそうです。

このことから、シャンクスがロジャー海賊団の見習いだった頃に、白ひげ海賊団の隊員だった黒ひげと戦った時に付いた傷だったというのが、最有力説だと考えられます

 

黒ひげはシャンクスに傷をつけるほどの実力ある?

シャンクスは、黒ひげに傷を付けられたということですが、この2人の実力差はどのくらいあるのかを見てみましょう。

 

若い頃は、シャンクスより黒ひげの実力が上だった!?

シャンクスが、黒ひげに傷を付けられてしまい、一方で黒ひげには傷がついていません。

このことから、若い頃に一戦交えた時には、シャンクスは黒ひげに敗北してしまった可能性があります。

シャンクスは、この敗北を心に刻み、さらに強い男になることを誓ったのではないでしょうか。

海賊旗には、信念の象徴があるというのが、ワンピースの作中では常です。

シャンクスが、黒ひげとの因縁を持ち続けていることは間違いなさそうです。

黒ひげの体が異形だとマルコが語っていたこともあり、もしかしたら「異形」であることが関係しているかもしれません。

 

現在の黒ひげとシャンクスの強さの関係は?

現在は、黒ひげも王下七武海を経て、四皇まで登り詰めています。

シャンクスは四皇として長い間、その立場を守り続けています。

黒ひげは、ヤミヤミの実の能力を使い、悪魔の実の力を無効化することができ、エースを倒して、海軍本部へと引き渡しています。

一方で、シャンクスが実際に本気で戦ったシーンは存在せず、悪魔の実の能力者であるのかも確認されていません。

しかし、過去に世界最強の剣士である鷹の目の身ホークと決闘したというエピソードがあることから間違いなく、強いと考えられます。

現在は、お互いに同じ四皇という立場なので、実力が拮抗しているのではないでしょうか。

 

懸賞金額では黒ひげよりシャンクスが上

そんな中、現在の四皇とロジャー、そして白ひげの懸賞金額が明かされました!

それによると、シャンクスの懸賞金額は40億4890万ベリーとのこと。

黒ひげの懸賞金額が22億4760万ベリーであることから、懸賞金額だけを見ればシャンクスの圧勝です。

しかし懸賞金額は、単純な強さだけではなく、世界に与える影響も加味した金額。

シャンクスは空白の100年の存在を知る可能性のある人物かと噂され、そのような「秘密」を知っているからこその金額かもしれません。

 

まとめ

シャンクスと黒ひげの因縁は、想像以上に深いものがありそうです。

お互いにロジャー、白ひげという最強の海賊の部下として若い頃を過ごしており、共通点があることも面白いですね。

現在、四皇同士の接触もカイドウとビッグマムの同盟があって、盛んになりそうなので、今後、シャンクスと黒ひげの接触もあるのか注目です!

>>シャンクスの悪魔の実の能力は?